RSS

WordPress.ORGからプラグインの情報を取得出来るplugins_api()関数

20 2月

WordPress.ORGからプラグインのダウンロード数を取得するPHPスクリプト」を書いた時にAPIは無いのかと思ったが、よく考えるとダッシュボードからプラグインを追加する際に、WordPress自身も明らかにWordPress.ORGからデータを取得している。

で、調べてみると「/wp-admin/includes/plugin-install.php」の中にplugins_api()という関数があり、これを使えば各種データを取得できる。

この関数を使えば、多くの情報を正確に取得できるのだが、結局、特殊なページをwp_remote_post()しているだけなので、パフォーマンス面ではメリットはない。

実際に使ってみたが取得する情報量が非常に多いので、パフォーマンスは良くない。

特殊な情報が必要でない限り、wp_remote_post()でプラグインページのHTMLを取得して、正規表現で切り出したほうが自サイトにもWordPress.ORGにも優しいと思う。

ちなみに「plugin-install.php」は、常に読み込まれているわけではないようなので、プラグインなどでplugins_api()を使う場合は、require_once()すること。

広告
 
コメントする

投稿者: : 2012/02/20 投稿先 Knowledges

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。